トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 当院のインプラント治療 » サイナスリフト

サイナスリフト

あごの骨を補うことで、インプラント治療を可能にする「サイナスリフト」

安心できるインプラント治療を行うためには、インプラントを支えることのできる充分なあご骨の厚さが必要です。「あごの骨が薄いので、インプラント治療をすることができません」と、他の歯科医院で言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

歯周病や虫歯の悪化により、一度、歯を抜いてしまいますと、あごの骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫により、あごの骨が薄くなってしまう傾向があります。そういった経緯であごの骨が薄くなった患者さんでも、あごの骨を補うことによって、インプラントを受けられる治療法が「サイナスリフト」です。

当院では、「サイナスリフト」などを用いた、あごの骨が薄い方へのインプラント治療の実績も多数ございますので、他の医院で断られた方もお気軽にご相談ください。


「サイナスリフト」とは

サイナスリフト (Sinus-lift procedure) とは、サイナス(上顎洞)と呼ばれるスペースに人工骨などを移植することで骨を増やす治療法です。

上あごの奥歯の部分に対して行うことが一般的で、患者さんの上あごの状態に合わせて、人工骨によりインプラントを植立できる厚さをつくります。サイナスリフトによって、あごの骨に充分な厚さができた段階で、インプラントの治療へと移ります。

サイナスリフト→サイナスリフト

 


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 当院のインプラント治療 » サイナスリフト


コールバック予約
インプラントレスキュー