トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » インプラントとは? » インプラントには1回法と2回法の2種類があります。

インプラントには1回法と2回法の2種類があります。

1回法

1回法まずはじめに局所麻酔をします。
その後、歯肉を切開し歯槽骨 (顎の骨)を露出させます。
専用のドリルを使い、フィクスチャー(人工歯根)と同じ長さ・太さの穴をあけます。
下へ

1回法フィクスチャーと呼ばれる歯根部分を埋め込みます。
下へ

1回法ヒーリングアバットメントと呼ばれる仮のアバットメントを設置します。 頭出しをの状態にしておきます。
その後、インプラントと骨が結合されるのを待ちます。
下へ

1回法骨との結合が確認します。それが確認できたら、ヒーリングアバットメントをはずし上部構造アバットメントを装着します。
下へ

1回法アバットメントの上に人工の歯をかぶせて治終了です。

<メリット>
外科手術が1回で済むため負担が少ない。

<デメリット>
骨の状態がよくなく、感染のリスクが高い場合は向きません。

2回法

2回法まずはじめに局所麻酔をします。
その後、歯肉を切開し歯槽骨 (顎の骨)を露出させます。
専用のドリルを使い、フィクスチャー(人工歯根)と同じ長さ・太さの穴をあけます。
下へ

2回法フィクスチャーと呼ばれる歯根部分を埋め込みます。
下へ

2回法歯肉を上から閉じ合わせます。
フィクスチャーを完全に埋没させます。
その後、インプラントが骨と結合されるのを待ちます。

治癒期間中は部分入れ歯等を使用することができるので、日常生活に支障はありません。
下へ

2回法フィクスチャーと骨がしっかりと結合されたら、小手術で歯肉を小さく切開します。

フィクスチャーの頭部を出し、人工歯と連結させるためのアバットメントを取り付けます。
下へ

2回法アバットメントの上に人工の歯をかぶせて治終了です。

<メリット>
歯肉の中にインプラントが完全に埋め込まれているため力がかからず、感染のリスクが少ない。骨増生と同時にインプラントができる。

<デメリット>
頭出しの2次手術が必要。

1回法と2回法どちらがいいか?
当院で主に使用しているJMMインプラント1回法にも2回法にも対応しているため、それぞれの患者さんの状態にあわせて最良の方法を選ばせて頂いております。


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » インプラントとは? » インプラントには1回法と2回法の2種類があります。


コールバック予約
インプラントレスキュー