トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 歯周病治療について » 【歯周病と全身的な疾患の関係】歯周病は命をむしばむ

【歯周病と全身的な疾患の関係】歯周病は命をむしばむ

歯周病と全身的な疾患の関係「歯周病は心臓発作(心筋梗塞)を引き起こす」――歯周病といえば、歯がグラグラしてきて抜けてくる病気というのは多くの方がご存じだと思います。しかし最近、歯周病と全身的疾患の関係が指摘されはじめています。

歯周病は成人男性の約7割が罹患しているといわれ、決して他人事の話ではないのです。もし、あなたが歯周病の可能性があるとしたら、なるべく早めにご来院いただくことをお勧めします。

心臓発作(心筋梗塞)
重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。歯周病菌の一種には、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されており、その血栓が心臓の血管を詰まらせることにより心臓発作を引き起こすとされています。ある研究では"歯周病にかかっている人は2倍の確立で心臓疾患のリスクが高い"と報告されています。

歯周病と糖尿病
歯周病と糖尿病との研究は数多くされており"糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く歯周病に感染しやすく進行も早い"と言われています。さらに歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼし、血糖値のコントロールが難しくなります。実際に当院でも、歯周病を治療したら血糖値が落ち着いた方が何名かいらっしゃいます。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
難しい言葉ですが、わかりやすく説明すると飲み込んだ菌が肺に入り肺炎を起こすというものです。普通はどんな細菌でも飲み込んでも肺炎にかかることは、まずありません。ただし、寝たきりや高齢者の方の様な抵抗力がおちている場合、重度の歯周病で口腔内に大量の歯周病菌が存在すると発症することもあります。

歯周病は早産と低体重児の原因
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身にまわり、羊水中にまで影響することが証明されています。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。歯周病がない妊婦と比べて、歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になると報告されています。ちなみに飲酒による早産のリスクは3倍だそうです。
 


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 歯周病治療について » 【歯周病と全身的な疾患の関係】歯周病は命をむしばむ


コールバック予約
インプラントレスキュー