トップへ » 院長紹介・経歴

できるだけ患者さんの歯を残したい。インプラントは最終手段だから

できるだけ患者さんの歯を残したい

インプラント治療がメジャーになってきた中で、インプラントを入れることが当たり前という風潮もあるかと思います。ですが、日比谷歯科では「できるだけ患者さんの歯を残したい」と考えています。それは、自分の歯に勝るものはないと考えているからです。

歯を残すために手を尽くしてもダメな時や、他に治療法がない時の最終手段として、インプラント治療を行います。時には患者さんがインプラントを希望されても、断るケースもあります。それは、常に患者さんの立場で、患者さんにとってベストな治療法をご提案させていただきたいからです。

十分な説明で、正しく納得していただくこと。それが治療のスタートです

十分な説明で、正しく納得していただくこと。たとえ、どんな名医であっても、十分な説明をせずに患者さんが不安を感じながら治療を受けるのでは、医師としては失格です。自分の身体のことなのに、何をされているか分からないというのは、とても怖いことだと思うからです。

「今まで、治療の説明をされたことは、ほとんど無かった。けれど、船木先生はとても分かりやすく説明してくれた」――治療を終えた患者さんから、よくいただく言葉です。

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。じっくり話し合いながら、患者さんの不安や疑問点をなくすことが治療のスタートだと考えています。

「自分の歯だと思って治療する」それが、医師として当然の姿勢だと思う

「自分の歯だと思って治療する」当院では、患者さんにとってはうれしくない情報であっても、治療前にしっかり伝えさせていただきます。誤解を恐れずに言うならば、その時は嫌われたとしても、患者さんにとって、患者さんの歯の未来にとって、最良な治療を行いたいから。

たとえば、歯周病で歯がグラグラしていて、もう手遅れなのだけれど、「それでも歯を残したい」とおっしゃる患者さんがいました。そういったケースでは、患者さんに嫌われたくないからといって歯を残した結果、後々、ご迷惑をかけてしまうこともあるのです。

だから、はっきり言わせていただきます。患者さんのことを本気で考え、自分の歯だと思って治療すること。それが、医師として当たり前の姿勢だと考えるからです。

経歴

日比谷歯科院長:船木弘

1976年秋田県出身
1994年日大松戸歯学部入学
2000年日大松戸歯学部卒業歯科医師免許取得

経歴・AAP(アメリカ歯周病学会)会員
・ICOI(国際インプラント学会)会員
・AIAI(ドイツ国際インプラント学会)認定医
・臨床歯周病学会会員
・顎咬合学会会員
・船越歯周病学会プラチナ会員
・船越歯周病研究所セミナー卒業
・船越エムドゲインコース取得
・船越ゴアテックスコース取得
・船越ITIインプラントコース卒業
・京セラインプラント修了
・スクリューベンドインプラント修了
・藤井万弘エンドセミナー修了
・2003年 AAP(全米歯周病学会・サンフランシスコ)参加
・2006年 No1.DCJベーシック1年コース修了(現在アドバンスコース受講中)
・2006年 JMM主催IPOIインプラントマスターコース修了
・2007年 ミシガン大学Dr.Wangインプラント・歯周病セミナー修了
・2007年 11月OAMインプラントシステムセミナー修了
・2007年 No1.DCJアドバンスコース受講中
・2008年 AIAI(ドイツ国際インプラント学会)認定医取得
・2008年 1月Dr.Miyauchi審美歯科アドバンスコース修了
・2008年 2月DENTRADEホワイトニングコース修了
・2008年 4月IMTECMiniインプラントセミナー修了
・2008年 MACSシステムインプラントセミナー修了(インプラントと磁石式入れ歯)
・2009年 IPOI主催矯正セミナー修了
・2009年 10月IPOI主催MEGAGENインプラント修了
(テンポラリーインプラントコース)
・2009年 11月OSIサイナスリフト実習セミナー修了
・2010年 船越歯周病学会アドバンス6ヶ月コース修了
・2010年 船越歯周病学会アドバンス6ヶ月コース修了
・2011年 船越歯周病学会インプラントアドバンスコース修了
・2011年 ウェイブレングス主催ペリオウェーブコース修了(歯周病レーザー治療)
・2011年 IPOI主催Dr.元 根管治療セミナー修了
・2012年3月 IPOI(近未来オステオインプラント学会)認定医取得
・2012年4-5月 ミシガン大学歯周病インプラント科 短期留学
・2012年6月30日 IPOI(近未来オステオインプラント学会)総会 関東代表演者
 演題「オステルを利用した骨造成部位の骨とインプラントの評価」
・2012年7月1日 京セラメディカル主催コロキウム 演者
 演題「骨造成部位のインプラント補綴を考える」
 ~数字で診るオッセオインテグレーション~
・2012年9-10月 アメリカロサンゼルスAAP(アメリカ歯周病学会)参加

photo01.jpgphoto02.jpgphoto03.jpg
photo06.jpgphoto04.jpgphoto05.jpg

関連ページリンク

院長紹介・経歴院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラントカウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 院長紹介・経歴


コールバック予約
インプラントレスキュー