トップへ » 院長紹介・経歴 » 「自分の歯だと思って治療する」それが、医師として当然の姿勢だと思う

「自分の歯だと思って治療する」それが、医師として当然の姿勢だと思う

「自分の歯だと思って治療する」当院では、患者さんにとってはうれしくない情報であっても、治療前にしっかり伝えさせていただきます。誤解を恐れずに言うならば、その時は嫌われたとしても、患者さんにとって、患者さんの歯の未来にとって、最良な治療を行いたいから。

たとえば、歯周病で歯がグラグラしていて、もう手遅れなのだけれど、「それでも歯を残したい」とおっしゃる患者さんがいました。そういったケースでは、患者さんに嫌われたくないからといって歯を残した結果、後々、ご迷惑をかけてしまうこともあるのです。

だから、はっきり言わせていただきます。患者さんのことを本気で考え、自分の歯だと思って治療すること。それが、医師として当たり前の姿勢だと考えるからです。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 「自分の歯だと思って治療する」それが、医師として当然の姿勢だと思う


コールバック予約
インプラントレスキュー