トップへ » 院長紹介・経歴 » できるだけ患者さんの歯を残したい。インプラントは最終手段だから

できるだけ患者さんの歯を残したい。インプラントは最終手段だから

できるだけ患者さんの歯を残したい

インプラント治療がメジャーになってきた中で、インプラントを入れることが当たり前という風潮もあるかと思います。ですが、日比谷歯科では「できるだけ患者さんの歯を残したい」と考えています。それは、自分の歯に勝るものはないと考えているからです。

歯を残すために手を尽くしてもダメな時や、他に治療法がない時の最終手段として、インプラント治療を行います。時には患者さんがインプラントを希望されても、断るケースもあります。それは、常に患者さんの立場で、患者さんにとってベストな治療法をご提案させていただきたいからです。


トップへ » 院長紹介・経歴 » できるだけ患者さんの歯を残したい。インプラントは最終手段だから


コールバック予約
インプラントレスキュー