«  2011年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年8月25日

すっかり前回から期間が開いてしまいました。3週間ぶりくらいの更新です。

今回は(も)上顎のインプラントの紹介です。

患者さんは以前から通院されてる方で3年位前に前歯のインプラントや被せ物などを治療してきました。

現在はメンテナンス中です。

その患者さんがもし右上(レントゲンでは向かって左側)もインプラントが可能ならやってほしいという希望だったので今回は右上にインプラントを計画しました。

実はこの患者さん、初めて来院していただいたときの治療計画は右上のインプラントは難しいのでブリッジで提案させていただいた患者さんでした。

そのころは上の奥歯のインプラントは骨がなく非常に難易度が高く出来るだけ避けるようにしていました。
しかし患者さんの希望はやはりブリッジや入れ歯よりもインプラントを希望される患者さんが多く自分の中で葛藤していました。
そこでこの患者さんが初めて来院してから数年間の間に自分もたくさん勉強し上の奥歯でもインプラントが安全に出来るようなテクニックを身につけ患者さんに出来るようにしました。

今回は数年前に自分で入れたブリッジをはずさせていただき患者さんの希望のインプラントに取り掛かりました。

ただやはり骨がない場所なのですぐにインプラント・・・というわけにはいかずまずは骨作りからスタートになります。

実際のレントゲンです。
まずは術前。
右上サイナスリフト前.jpg

次に術後のレントゲンです。赤丸の部分が骨を作ったところです。
右上サイナスリフト後.jpg

比べてもらうと骨が出来たところは白くなって見えると思います。
この骨が固まったらインプラントを入れるようになります。

多くの患者さんが「上の奥のインプラントが骨がなくて出来ない」とか「危険だからやめたほうがいい」といわれあきらめてる方も多いようです。実際に何件かの歯科医院で難しいといわれいろいろ調べて当院へ来る患者さんも多いようです。

実際にしっかりと治療をすればサイナスリフトは決して危険な治療ではありません。
ここは足立区ですが千葉県や埼玉、あとは足立区以外の患者さんもとても多いです。
駅前ではありませんので通院も不便ですがわざわざ来ていただいて感謝しています。
ちなみに最寄の梅島駅から徒歩で15分程度かかります・・・。

いずれにしても来ていただいてる患者様には最善の治療を提供できるように努力しております。

この続きはまた報告します。

足立区のインプラント・歯周病治療なら~日比谷歯科医院

2011年8月 1日

今回は歯周病治療のお話です。

患者さんはよく歯茎が腫れるということで来院されました。

実際に口の中を拝見してみると意外にも(失礼ですが・・・)綺麗でびっくり!??

この状態で歯茎が頻繁に腫れるとなると・・・何となくいやな予感がしたのでレントゲンを詳しくとって見ました。

実際のレントゲンです。
歯石あり 歯周病.jpg

赤丸で囲った部分に歯石がびっしり!!!!!

この歯石は歯茎の中に隠れてる歯石でぱっと見た目はほとんどわかりません。

よくよく話を聞くとこの患者さんは4~6ヶ月ごとに定期的にいままでほかの歯科医院さんでクリーニングをしてきたそうです。

それでもよく歯茎が腫れるの紹介を受けて当院へいらっしゃいました。

いままでこの歯石については触れられなかったそうです・・・患者さんご自身もこんなことになってるとは思ってもいなかったようでショックを受けられていました・・・。

ずっと歯科医院に通っていただけになお更だと思います。

ただ原因がわかったということで前向きに考えて実際の治療に入ることにしました。

治療内容は簡単に言うとこの歯茎の中の歯石を除去するだけです。

言葉で言うのは簡単ですが実際には結構大変で、フラップオペレーション(FOP)という治療をします。

言葉で書くと麻酔をして多少歯茎を開いて奥深くに入り込んでる歯石を完全に除去していくのですが文章を読むと痛そうな治療ですが実際は全く痛みはありません。

ただ技術的に少し難しいので出来ない先生が多いのと技術によって結果に差が出るということが欠点です。

当然ですがこの患者さんもFOPをしました。

結果のレントゲンです。
歯石除去後 歯周病.jpg

術前と比べていただくと赤丸の中の歯石がなくなっているのがわかると思います。

この歯石を完全に除去するだけで40~50分くらいの時間がかかっています。

逆に言えばこれくらい時間をかけないとここまでついてしまった歯石というのは完全に除去するのは難しいということです。

この様なお話は残念ですがよくあることです・・・。

『しっかりと歯周病治療に取り組んでる歯科医院を探す』というのが一番良い方法なんですがこれが難しいのが日本の歯科医院の状況です。

歯周病というのはほとんど自覚症状がなく自覚症状が出てしまったときには重症になってしまってる場合も少なくないので心配な場合は早めにご相談ください。

インプラント・歯周病について詳しくは ~日比谷歯科医院

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
日比谷歯科 院長: 船木 弘

日比谷歯科
院長: 船木 弘

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。
自分の身体のことなのに、何されているか分からない。とても怖いことではありませんか。 私が治療を受けるとしたら、やはりシッカリ説明を聞いてから治療を受けたいですね。

患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えています。