«  2011年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年10月17日

今回はソケットリフトをしてインプラントをしたケースを紹介します。

今朝のインプラントの症例なんですがまずは術前のレントゲンでインプラントのシュミレーションをしたのでを見てください。
インプラントシュミレーション デンタル ソケットリフト.jpg

赤いラインが上顎洞といわれるラインでこれより上には骨がありません。

インプラントは出来れば上顎は12ミリを入れたいので12ミリにしています。

このまもインプラントをしたらインプラントは完全に上顎洞に入り込んでしまいます。(失敗です)

そこで今回はソケットリフトというテクニックを使ってインプラントをすることにしました。

サイナスリフトも同じようなテクニックなんですがソケットリフトは骨の不足量が4ミリ程度まで・・・サイナスリフトはそれ以上骨を作る必要がある場合。という感じで使い分けています。

もちろん例外もありますしドクターによって全てソケットリフトで行なう先生もいますのでどちらがいい悪いということは決められませんのであくまでも私個人の考えなのでご了承ください。

そこでソケットリフト後のレントゲンです。
ソケットリフト後デンタル インプラント.jpg

今度は術後のCTです。
ソケットリフト後CT インプラント.jpg

レントゲンやCTを見るのは難しいですが綺麗にインプラントの上に骨が盛り上がっています。

これから骨とくっつくまで4~6ヶ月待ってからかぶせ物を入れていく予定です。

このように骨がなくインプラントが難しいケースでもいろいろなテクニックでインプラントをしていくことは可能です。

似たようなケースであきらめている方やインプラントは難しいといわれた場合もご相談くださればお力になれるかと思います。

詳しい内容はこちら~インプラント・歯周病治療の日比谷歯科医院

2011年10月 6日

前回のブログ更新から1ヶ月近くあいてしまいました。

最近は毎回ブログの書き出しが同じになってきてるような・・・現在症例発表用の資料を作ったり
認定医の試験を受けるための資料を作ったりで毎日診療後にやることが重なってしまいブログは放置してしまいました。

ただ毎日の診療はいつもどおりインプラントも骨作りも審美歯科もいつも通りやっています。

そんな忙しくしてる中で先日インプラントメーカーのJMMのお世話になってる営業マンのHさんが来たときにこんなものをいただきました。

インプラント臨床マイスター.jpg


「インプラント臨床マイスター」・・・だそうです。

どうやら話を聞くとインプラントをしているドクターの中でもインプラントの患者さんが多くメーカーが技術的にも信頼できるドクターだけに特別に作ったもののようです。

しっかり名前も刻印されています。

そんなものを頂けてとても光栄です。

インプラント臨床マイスターの名に恥じないようにこれからもがんばります。

短いですが今回はこの辺で・・・。

インプラント・歯周病について詳しくはこちらへ~日比谷歯科医院

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
日比谷歯科 院長: 船木 弘

日比谷歯科
院長: 船木 弘

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。
自分の身体のことなのに、何されているか分からない。とても怖いことではありませんか。 私が治療を受けるとしたら、やはりシッカリ説明を聞いてから治療を受けたいですね。

患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えています。