«  2012年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年5月28日

昨日(5月27日)は所属するIPOI(近未来オステオインプラント学会)の東北支部会に参加する為に仙台に行ってきました。

午前中は3名の東北会員の先生方の症例発表と6月に行われる症例発表会の予演会が行われ自分も発表してきました。

3名の発表していただいた先生たちは「長期症例を考える」というテーマで発表し、10年以上経過したインプラントの症例などの発表がありとても勉強になりました。

やはり患者さんにとっても治療した歯科医師にとってもインプラントが長持ちするということは共通の願いだと思います。
とても得るものが大きかった勉強会でした。

午後は以前から興味のあった歯科領域でのヒアルロン酸の講義と実習でした。

ヒアルロン酸はご存知の方も多いと思いますが化粧品や飲む物も販売されているほど美容や健康に効果があるものです。

それを今回はヒアルロン酸による口周りのアンチエイジングとしてしわ取りに応用した内容を勉強してきました。

残念ですが年齢とともにしわが増えていくのは逆らえないのですが患者さんの中には治療して歯は綺麗になったけど口周りのしわが気になって・・・という方が少なくありません。

以前はお断りしていましたが今回の勉強でホウレイ線などはヒアルロン酸で浅くできるとこがわかりご希望があればできるようになりました。

実際に私もやってもらいました・・・。
見た目は痛そうですが意外に痛くありません。

ちょっとだけちくっとする感じがあるかないかくらいで痛くないのに自分でも驚きました。

DSC_0034.jpg

やっていただいたのは仙台の泉区で開業している「高橋恵一郎先生」です。

自分と同い年で共通点もあり勉強熱心で高い技術を持ってる先生です。

自分の中では高橋先生は勝手に東北のエースって思ってます。

DSC_0036.jpg

ということで当院でも歯科治療のオプションとしてヒアルロン酸もできますので気軽にお問い合わせください。

ちなみに使用しているヒアルロン酸は美容整形で使っているものと同じかそれよりも良質なものなので安心してください。

足立区で歯周病治療・インプラント治療なら~日比谷歯科医院

2012年5月12日

こんにちは。GW明けの初日は左上のサイナスリフトのオペがあったので紹介します。
そのあとにもインプラントのオペがありましたがこちらは普通のインプラントだったのでサイナスリフトのほうを紹介します。

術前のレントゲンです。
サイナス前パノラマ.jpg

右上(向かって左上)は以前にソケットリフトでインプラントを終了しています。

今回はサイナスリフトですがソケットリフトとの違いはどれくらい骨が足りないかで使い分けます。

インプラントは最低10ミリ必要ですが自分の骨が7ミリ以下の場合はサイナスリフトを行います。

つまり骨があとちょっとだけあればなぁ~・・・っていう時はソケットリフト、全然骨が足りないな・・・っていう時はサイナスリフト・・・という感じです。

今回は全く骨が足りないのでサイナスリフトです。

術前のCTです。
サイナス前CT.jpg

術後のCTとレントゲンです。
サイナス後CT.jpg

サイナス後パノラマ.jpg

骨が増えているのがわかると思います。

サイナスリフトは非常に高度なテクニックが必要で他院でインプラントができないと断られて相談にくる方も多いですがこのように骨作りのテクニックさえあればインプラントは可能になります。

ただしサイナスリフトは外科的な侵襲が通常のインプラントよりも大きいので2~3日程度は腫れる場合があります。

当院では半分以上の方は痛みも腫れもないようですが(この方もまったく痛みもありませんでした)ある程度は腫れると思ってオペを受けて頂くように説明しています。

皆さんこの先ず~っと入れ歯を使うのを考えたら2日くらい腫れる程度で済むなら全然問題ないっていう感じで治療を受けていただいています。


※今年のGWはアメリカのミシガン大学の歯周病科・インプラント科へ短期留学してきました。
日本よりも治療技術も進んでおり材料についてもまだまだ日本では手に入らない新しいものも見つけてきました。
みっちり朝から夕方まで講義と実習で疲れましたが・・・。
ということで今年のGWは全く休んでいませんがそのかわりに新しい技術、材料を手に入れていますので患者さんへ還元したいと思います。
詳しいことは次回のブログで紹介したいと思います。

足立区の歯周病治療・インプラントなら~日比谷歯科医院

« 2012年4月 | メイン | 2012年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
日比谷歯科 院長: 船木 弘

日比谷歯科
院長: 船木 弘

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。
自分の身体のことなのに、何されているか分からない。とても怖いことではありませんか。 私が治療を受けるとしたら、やはりシッカリ説明を聞いてから治療を受けたいですね。

患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えています。