«  2014年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 本当の歯周病治療について | メイン | ホワイトニング&セラミック治療 »

2012年11月22日

今回も引き続き歯周病の治療のお話です。

今回は『エムドゲイン』といって歯周再生治療の内容について触れたいと思います。

患者さんは右下奥歯の歯茎が腫れる・・・ということで来院されました。

右下のレントゲンです。
歯周病治療前.jpg

一番奥とその前の間の骨が溶けてしまっています。

いろいろ診断した結果、歯が折れている事はなさそうだったので歯周病によるものと判断し歯周病治療をしました。

一言で歯周病治療と言っても色々手段がありますが今回はかなり骨が溶けてしまったので歯周再生治療を選択しました。
いわゆる『エムドゲイン』という方法です。

それと『ペリオウェーブ』といってレーザー殺菌治療も同時に行いました。

術後のレントゲンです。
歯周再生治療後 エムドゲイン.jpg

術前と比べて隙間の黒い部分がなくなっているのがわかると思います。

このように『エムドゲイン』や『ペリオウェーブ』といった手段をうまく使う事により溶けてしまった骨も再生させる事が可能になってきているのです。

もちろん、抜歯してインプラント・・・という手段も考えられますがまずは一番大事な自分の歯を守るのが優先と思っています。

ここまでやっても駄目だった場合は最後の手段でインプラントを考えます。

当院ではインプラントも専門的にやっていますが、歯周病治療に関しても専門的に行っており、まずは自分の歯を守る事を優先に考えています。

足立区の歯周病治療・インプラント〜日比谷歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.implant-hibiyashika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/735

日比谷歯科 院長: 船木 弘

日比谷歯科
院長: 船木 弘

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。
自分の身体のことなのに、何されているか分からない。とても怖いことではありませんか。 私が治療を受けるとしたら、やはりシッカリ説明を聞いてから治療を受けたいですね。

患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えています。