«  2014年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯周再生治療(エムドゲイン)について | メイン | 年末年始のお知らせ »

2012年12月13日

今回は前歯の審美歯科治療のお話をします。

患者さんは前歯の歯並びと歯の色を気にして来院されました。

術前の写真です。
DSC_0147.jpg 術前 前歯の色 歯並び

歯の色に関しては昔に神経を取っている変色した歯はセラミックでかぶせるしかありませんでした。

歯並びについてはどうしても矯正治療は避けたいという希望でしたのでこれもセラミック治療で対応する事にしました。

通常はセラミックで被せものを作る場合は自分の歯に合わせた色で作る事が多いのですが患者さんと相談した結果、今回は自分の歯を白くしてホワイトニング後に合わせた白い歯でセラミックを作成する事にしました。

術後の写真です。
DSC_0003.jpg セラミック治療術後 歯並び ホワイトニング

このように矯正治療の金具をつけなくても多少の歯並びですとセラミック治療でも対応は可能です。

もちろんセラミック治療と矯正治療を比較するとそれぞれにメリットとデメリットがありますので相談の上、希望にあった方法で治療していきます。

矯正治療の器具が嫌で諦めていた方も是非相談してみてください。

足立区のインプラント・歯周病治療〜日比谷歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.implant-hibiyashika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/736

日比谷歯科 院長: 船木 弘

日比谷歯科
院長: 船木 弘

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。
自分の身体のことなのに、何されているか分からない。とても怖いことではありませんか。 私が治療を受けるとしたら、やはりシッカリ説明を聞いてから治療を受けたいですね。

患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えています。