2010年11月16日 « トップへ » 2010年11月29日

2010年11月28日

スプリットクレスト

インプラントを埋め込むためには、最低5mm程度の骨の幅が必要です。そのため、歯周病や歯の喪失が原因で骨が必要な量よりもやせてしまっている場合には、インプラントを埋め込むことが難しくなります。
そのような場合、骨を増やす治療を行いますが、水平的な骨の幅が不足している際の治療法として、スプリットクレストがあります。

骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入し、二分割して骨を広げ、その隙間にインプラントを埋め込む方法です。
インプラントと骨とのスペースには、骨補填剤(患者さん自身の骨や人工骨)で満たし、骨を再生させます。

スプリットクレスト


2010年11月16日 « トップへ » 2010年11月29日


コールバック予約
インプラントレスキュー